メニュー
  • 中文
  • EN
Youtube
先輩社員紹介
「良い建物にする」という共通目標に向かって
協力しながら進めていける人が多いと感じます。

大西 彬

AKIRA ONISHI
環境・設備設計群
2010年入社

日本設計に入社した理由は何ですか?

大学の研究室OBに日本設計の先輩社員がいて、リクルート活動として会社説明を受けたことがきっかけとなりました。大学は建築学科の出身ではないため建築業界には詳しくなかったのですが、会社説明を聞く中で誰もが知っているようなプロジェクトにも関わっている会社だということを知り興味を持ちました。就職活動でさまざまな会社の説明を聞く中で、ユーザーが直接利用できる身近なものを作ることに携わりたいと考えていたため、日本設計の仕事は自分の志望と合っていると思い応募しました。

職場の雰囲気を教えてください 。

年齢や役職などにとらわれることなく、フラットに意見を出し合える雰囲気が特徴的だと思います。若手社員の意見にも耳を傾け、良いアイデアは取り入れていく空気感が全社的にあり、若いうちから積極的にプロジェクトに携わっていける会社だと思います。業務を進める中では所属部門以外の社員とのコミュニケーションを取る機会も多くありますが、縦割りではなくそれぞれの専門分野を尊重しつつも「良い建物にする」という共通目標に向かって協力しながら進めていける人が多いと感じます。

入社直後と今を比べてどんな点が成長したと感じますか?

入社直後は何をすればよいのかも分からない、専門用語が分からず話にもついていけない状態でしたが、先輩社員と一緒に仕事をする中で少しずつ業務の流れや検討事項などを理解し、独力でできることも増えてきたと実感しています。クライアントや関係者からの質問に対しても、答えられることが増えてきたと感じています。これまでに学校、病院、事務所、複合開発などさまざまな用途のプロジェクトを担当してきました。それぞれのプロジェクトで検討をしてきた経験が現在の仕事でも生かせていると感じています。

ワークライフバランスのために普段の生活でどのようなことを意識してますか?

メリハリをつけて仕事をするようにし、家族との時間を確保することを大切にしています。在宅勤務の日はできるだけ定時で仕事を切り上げて子供と一緒にお風呂に入るようにするなどの工夫をしています。子供が生まれた際には約4か月の育児休業を取得しました。育児休業の取得にあたっては、事前に所属部門の上司と相談したうえで担当していたプロジェクトに増員をしてもらうなどのフォローをしてもらいました。また、所属部門だけでなく他セクションの社員にも引継ぎや情報共有などの面でたくさんのサポートがありました。男性で育児休業を取得する人も多くいて、子育てと仕事を両立できる環境があると思います。


少し前までは、休日には家族や友人、仲の良い同僚と出かけることが多かったです。富士登山にも挑戦しました。休日はしっかりとリフレッシュし、平日は仕事に打ち込んでいます。最近は、子供がまだ小さいこととコロナ禍であまり遠出ができていませんが、コロナ禍が落ち着いたら子供の成長に合わせて色々な場所に出かけたいと思っています。

page top