電力中央研究所 横須賀地区 新本館

電力中央研究所 横須賀地区 新本館

フロア同士を日常動線でつなぐ"ステッププラザ"

電力中央研究所 横須賀地区 新本館

研究者があつまる仕掛けを散りばめたサブワークプレイス"ステッププラザ"

電力中央研究所 横須賀地区 新本館

業務に集中できるブースオフィス

電力中央研究所 横須賀地区 新本館

リズミカルな表情を演出する縦ルーバーのファサード

電力中央研究所 横須賀地区 新本館

ルーバー越しにうかびあがる"ステッププラザ"の賑わい

説明
研究者が実験から得た結果を検証し、知識を編み上げるための研究居室の施設です。
集中して仕事に取り組むための設えを備えた、3層にわたる"フラットオフィス"と、フロア同士を日常動線の中でつなぎ、階をまたいだ研究者の交流を促す階段状のサブワークプレイスの"ステッププラザ"を空間の骨子とし、建築・エンジニアリングから什器デザイン・選定までトータルで計画を行いました。

エネルギー産業技術研究の拠点にふさわしく、地域気候に最適化し、快適性を犠牲にしない数々の省エネ技術の実践を行し、CASBEEかながわSグレードを主取得しています。また、震災と津波災害に対応した中間免震構造とし、横須賀地区の本部機能として安全・安心な建物としています。
概要
名称
電力中央研究所 横須賀地区 新本館
建築主
電力中央研究所
所在地
神奈川県横須賀市
主用途
事務所、研究所
竣工
2016年8月
延床面積
8,162㎡
構造
鉄筋コンクリート造、鉄骨造、中間免震構造
階数
地上5階
写真撮影
エスエス東京、篠田麦也