洞爺湖サミット国際メディアセンター

洞爺湖サミット国際メディアセンター

外観全景東面

洞爺湖サミット国際メディアセンター

環境ウォール

洞爺湖サミット国際メディアセンター

環境ショーケース

洞爺湖サミット国際メディアセンター

議長国会見場

説明
2008年7月に開催された北海道洞爺湖サミットの報道拠点として、主会場から約20Km離れたルスツリゾート施設内に建設された仮設建築です。
約4000名の報道関係者が、世界各国に取材情報を発信する場として利用され、議長国および参加各国首脳の記者会見場を備えています。

サミットの主要テーマとして地球環境問題が取り上げられた事を受け、雪冷房、壁面緑化、自然採光や太陽光発電等の環境配慮技術を採用し、建設地周辺の自然環境にも配慮してデザインしました。
建物使用期間が2ヶ月と短く、解体後の資材の再利用・再資源化を大前提に建設材料の選定や設計を行い、リサイクル率は、重量比で99%を達成しました。
2008年10月末に解体を完了しています。
概要
名称
北海道洞爺湖サミット国際メディアセンター
所在地
北海道虻田郡留寿都村
主用途
記者会見場
竣工
2008年5月
延床面積
10,692 m²
構造
S造
階数
地上2階
写真撮影
高崎建築写真工房
受賞
2010年 第30回 エンジニアリング功労賞賞(グループ表彰・エンジニアリング振興)
2009年 グッドデザイン賞