三重県四日市庁舎 (改修)

三重県四日市庁舎 (改修)

北西外観

三重県四日市庁舎 (改修)

エントランスホール

三重県四日市庁舎 (改修)

基礎免振動装置

説明
6階建て既存庁舎において通常業務を行いつつ耐震改修する必要性から、「基礎下での免震レトロフィット工法」を採用しました。

既設の基礎下レベルに新たに躯体を構築し、既存建物の間に免震装置を挿入することによって地盤と縁を切り、建物に伝わる地震力を軽減しています。
基礎下での施工となるため、建物上階を使用しながらの工事が可能となりました。
免振装置の挿入は、既存PC杭を利用して底盤を支えることにより、仮設杭の施工手順を簡易にするほか、施工時の建物の安全性をも確保できる工法を開発しました。

また、耐震改修と併せて、トイレや階段等のバリアフリー改修工事も行っています。
概要
名称
三重県四日市庁舎 (改修)
所在地
三重県四日市
主用途
庁舎
竣工
2006年2月
延床面積
9,118㎡
構造
RC造
階数
地上6階
備考
技術開発/清水建設技術研究所
キーワード