下関市立豊北中学校

下関市立豊北中学校

下関市立豊北中学校

下関市立豊北中学校

下関市立豊北中学校

下関市立豊北中学校

説明
山口県内で3番目となる教科教室型の中学校で、「生涯学習の拠点」「教科教室型運営」「産業学習の場」「地域環境と共生するエコスクール」「IT教育の推進」という5つのコンセプトに基づいています。

エントランスホールの隣接して来訪者を迎え入れる図書スペースを配置しました。
施設の中心をなす中庭に面した地域ラウンジは、地域住民がボランティア活動を通し、地域全体で生徒を見守り育てるために計画されています。
また、教科教室型運営を行う上で特に重要になるのが、各教室への移動と学習スペースの多彩な設えだと考えられます。
単調なスペースを極力排除し、地形のレベル差を利用しながら多様な諸室の配列と組込みを行いました。
そのほか、太陽光発電や地熱利用ヒートポンプ、自然通風計画など、エコスクールの手法も各種施しました。
概要
名称
下関市立豊北中学校
所在地
山口県下関市
主用途
中学校
竣工
2005年12月
延床面積
10,090㎡
構造
S造、SRC造
階数
地上2階
写真撮影
テクニスタッフ
受賞
2008年 グッドデザイン賞(公共施設・建築)
2007年 第8回 JIA環境建築賞(一般建築部門 入賞)
2007年 平成19年度 公立学校優良施設表彰((社)文教施設協会会長賞)