順天堂レスポワール湯島

順天堂レスポワール湯島

端正で品格のあるデザインを表している全景

順天堂レスポワール湯島

前面道路に対して厳格な佇まいで存在感を放ち
温かみのあるアプローチで居住者を導く

順天堂レスポワール湯島

優れた機能性を表現する整形かつ規則的なデザイン

順天堂レスポワール湯島

厳格な雰囲気にも木質材料を取入れて住居らしさを表現

順天堂レスポワール湯島

シンプルかつ低コストで高グレードな住居を演出

説明
文京区湯島に位置する学校法人 順天堂の職員宿舎(共同住宅)です。
大規模災害時に近隣の順天堂医院へ通勤できる職員を確保すること、若手職員に都心での快適な住環境を提供することを目的としています。
医療系大学に相応しい、端正で品格のある佇まいを目指しました。

南北に長い敷地形状に沿って、南北両コア+中廊下のシンプルな構成とし、かつ全戸を同一仕様のワンルームとすることで、施設管理を容易にしています。

外部仕上は、外構を含めて端正な総化粧打放しを基調として、エントランスの屋上には、シンボルとなる樹木を計画しています。
東西面には、ルーバーを設置することで、各住戸への日射負荷を軽減し、各住戸からの眺望とプライバシーの確保を両立しています。
概要
名称
順天堂レスポワール湯島
建築主
学校法人 順天堂
所在地
東京都文京区
主用途
共同住宅
竣工
2015年7月
延床面積
6,785 ㎡
構造
RC造
階数
地上12階 地下1階
写真撮影
エスエス東京支店