産業技術総合研究所 臨海副都心センター

産業技術総合研究所 臨海副都心センター

ダブルスキン

産業技術総合研究所 臨海副都心センター

産業技術総合研究所 臨海副都心センター

説明
長さ130mにもおよぶガラスCWが特徴的なファサードをもつ当施設は、国際研究交流大学村構想の中で研究施設の位置付けがあります。

ここでは研究のテーマの変遷や、研究グループの入替えに対応すべく、ダブルスキン内設備スペース、メカニカルボイド、二重スラブ配管スペース等の新技術を惜しみなく投入し、フレキシビリティーの極めて高い研究所のプロトタイプをつくりだしました。

さらに大規模なソーラーシステム、ダブルスキン等によるクリーンな省エネルギービルとする配慮もおこたりません。
概要
名称
産業技術総合研究所 臨海副都心センター
所在地
東京都江東区
主用途
研究所
竣工
2001年3月
延床面積
15,000㎡
構造
S 造
階数
地上5階 地下1階
受賞
2002年 照明普及賞(優秀施設賞)
2002年 IALD-International Association of Lighting Designers
   (Honorable Mention award)
2002年 国土交通省関東地方整備局技術開発功労者表彰