麻布大学 生命・環境科学部棟

麻布大学 生命・環境科学部棟

緑豊かなキャンパスにレンガスクリーンが映える外観

麻布大学 生命・環境科学部棟

配管を隠し、光を透過するレンガスクリーン

麻布大学 生命・環境科学部棟

ソーラーチムニーを兼ねるガラス張りの階段室

麻布大学 生命・環境科学部棟

外光豊かなエントランスホール

麻布大学 生命・環境科学部棟

学生・教職員が集うマグネットスペース

説明
神奈川県相模原市に立地する麻布大学は、創立以来120余年の歴史を有し、獣医学部、生命・環境科学部の2学部と大学院からなる特色ある大学として発展してきました。

生命・環境科学部棟は、既存校舎の老朽化に伴い、研究・実習機能と教室機能を備えた建物を新設する計画として2008年にスタートし、2011年9月に竣工しました。

「光・風あふれる校舎」「対話を促す校舎」の2つをコンセプトに、クールピット及びソーラーチムニーなど、自然エネルギーの有効利用を積極的に取り入れた、麻布大学のテーマである「地球共生系」にふさわしい建物となっています。
概要
名称
麻布大学 生命・環境科学部棟
所在地
神奈川県相模原市中央区
主用途
大学
(教室・研究棟)
竣工
2011年9月
延床面積
10,700 m²
構造
RC造 S造 
制震構造
階数
地上6階
写真撮影
三輪晃久写真研究所