東京倶楽部ビルディング

東京倶楽部ビルディング

東京倶楽部ビルディング

東京倶楽部ビルディング

東京倶楽部ビルディング

東京倶楽部ビルディング

説明
室内の快適性と高い環境性能の両立を目指したテナントビル。各面のファサードを、外部の景観と室内の環境とを最適化するスクリーンと位置づけました。

南面は、街区内の他の建物が持つ縦格子の要素に各階3枚の庇を組み合わせて高い日射遮蔽効果を獲得。東西面は、眺望を最大限に享受しつつ窓際の熱環境を快適に保つためダブルスキンシステムを採用しました。アウタースキンはユニット化されたMPGによるプレーンなガラス面、インナーは室内環境の快適性のためにフルハイトの採光窓と自然換気窓とし、キャビティはメンテナンス時に通過できる寸法を確保してテナントへの影響を最小限としています。
敷地内の既存樹木保存などもあわせて、CASBEE-Sの認証を取得しています。
概要
名称
東京倶楽部ビルディング
建築主
室内の快適性と高い環境性能の両立を目指したテナントビルです。

各面のファサードを、外部の景観と室内の環境とを最適化するスクリーンと位置づけました。
南面は、街区内の他の建物が持つ縦格子の要素に各階3枚の庇を組み合わせて高い日射遮蔽効果を獲得しています。
東西面は、眺望を最大限に享受しつつ窓際の熱環境を快適に保つためダブルスキンシステムを採用しました。
アウタースキンはユニット化されたMPGによるプレーンなガラス面、インナーは室内環境の快適性のためにフルハイトの採光窓と自然換気窓とし、キャビティはメンテナンス時に通過できる寸法を確保してテナントへの影響を最小限としています。

敷地内の既存樹木保存などもあわせて、CASBEE-Sの認証を取得しています。
所在地
東京都千代田区
地図
主用途
事務所、店舗
竣工
2007年10月
延床面積
23,077 m²
構造
S造(柱CFT)、SRC造
階数
地上14階 地下1階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
小池宣夫
新建築社