愛知万博 長久手日本館

愛知万博 長久手日本館

愛知万博 長久手日本館

愛知万博 長久手日本館

説明
長久手日本館は、愛・地球博の「自然の叡智」のテーマに沿い、バイオマス建築や、CO2の削減、省エネと3Rなどをコンセプトにして設計しました。
二重皮膜の発想により、巨大な竹かご(竹ケージ)で、木造の日本館を包み込む構成の建築物で、新エネルギー利用や、光触媒金属屋根、土に還る材料に取り組む実験的なパビリオンです。

長久手日本館は、CASBEE評価手法によりSランクの認定を受けており、サスティナブル建築として高い評価を得ています。
竹ケージによる日除けの効果や、光触媒金属屋根・壁面緑化による蒸散効果などは会期中もモニタリングを行い、環境技術の効果を確認しました。
概要
名称
愛知万博(2005年日本国際博覧会) 長久手日本館
所在地
愛知県愛知郡長久手町
主用途
展示場
竣工
2005年2月
延床面積
5,999 m²
構造
W造
階数
地上2階
受賞
2005年 ディスプレイ産業賞(博覧会・展示会施設部門 ディスプレイ産業優秀賞)