川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

外観

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

先生の部屋

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

展示室

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

キャラクターを体感する空間「みんなのひろば」

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

豊かな自然に囲まれた「ミュージアムカフェ」と「はらっぱ」

説明
川崎市多摩区に住み、数多くのまんがを描いた藤子・F・不二雄の作品世界やメッセージを原画などを通じて、幅広い世代に伝えていく美術館です。
多摩丘陵一角である生田緑地の裾野に面しており、もともとの地形と屋上緑化を連続させるなど、周辺の豊かな自然を活かした配置となっています。
ミュージアムの中心には、長年愛用した机と膨大な書物を展示した「先生の部屋」を公開しています。また、展示室では、藤子・F・不二雄が生涯描いた貴重な原画を展示し、その他にまんがコーナーやオリジナル短編映像を上映するシアター、カフェなどがあり、随所で豊かな緑を感じながら楽しむことが出来る空間があります。
また、クールチューブや自然換気を採用し環境負荷低減にも貢献しています。
概要
名称
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
所在地
神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
地図
主用途
美術館
竣工
2011年5月
延床面積
3,699 m²
構造
RC造、S造
階数
地上3階
写真撮影
藤子プロ(写真1) Hattori Studio(写真2,3,4) KOSHIMIZU SUSUMU(写真5)
受賞
2012年 照明普及賞
2012年 「省エネ・照明デザインアワード2012」
     公共施設・総合施設部門優秀事例
2012年 第6回キッズデザイン賞子どもの未来デザイン クリエイティブ部門 
     経済産業大臣賞(最優秀賞)
2013年 第57回神奈川建築コンクール優秀賞