任天堂本社開発棟

任天堂本社開発棟

アプローチからの全景

任天堂本社開発棟

軽やかさと奥行きをあわせ持つ外装

任天堂本社開発棟

前庭からの夕景

任天堂本社開発棟

エントランスホール

任天堂本社開発棟

緑豊かな環境形成

説明
任天堂本社開発棟は、開発部門の集約によって業務の効率化を進めることを目的とした建物で、計画地近傍にある現本社との景観的な関係に配慮し、シンプルで深みのある外観としています。

環境配慮技術として自然通風型ダブルスキンをはじめ、太陽光パネル、蓄熱式熱源システム、フリークーリング、床吹き出し空調、LED照明等により、快適な執務環境と省エネルギーの両立を図り、京都CASBEEクラスSを達成しています。

約4haの広大な敷地の中で、北西側に建物を配置し、南側、東側にまとまった空地を確保し、外構面積のおよそ50%を緑化することで周辺環境に緑の潤いをもたらしています。
南側には建物のフットプリントとほぼ同じ大きさのオープンスペースを設けています。従業員のアメニティの場であるとともに、建物に十分な引きをつくり、ゆったりとしたアプローチを生んでいます。
概要
名称
任天堂本社開発棟
所在地
京都府京都市南区
主用途
事務所
竣工
2014年1月
延床面積
50,229 m²
構造
SRC造、S造
基礎免震構造
階数
地上7階 地下1階 
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
受賞
2014年 第2回京都市環境配慮建築物顕彰一般建築物新築部門 特別賞