湘南T-SITE

湘南T-SITE

親しみやすい風景を創る門型フレームとガラススクリーン

湘南T-SITE

蔦のエンブレムが配された妻側壁面

湘南T-SITE

色温度の低い照明で統一された温かみのある夜景

湘南T-SITE

2階との連続感を生み出すマガジンストリートの吹抜け

湘南T-SITE

隣接店舗に関連した書籍が並べられたマガジンストリート

説明
最大の特徴は、施設全体を貫通する「マガジンストリート」と、それを軸として展開するシームレスな商業空間です。そして「うち」と「そと」が溶け込み居心地の良い場を造り、訪れる人・もの・空間すべてが情景として存在しています。

この湘南T-SITEを設計するにあたって、いかに技術面、経済面において合理的にかつスピーディに創造するかを模索しました。それにはまず、土地のポテンシャルをしっかりと読みとることを目指しました。

商業施設として存在する経済面の課題を意識して、敷地の地耐力を鑑みた階数や外装計画を進めました。
また8〜9mの商業モジュールを採用し、そのグリッド下で施設計画をすることを提案しました。このグリッドは、「ずれ」を組み合わせることにより「そと」と「うち」が溶け込むヒューマンな風景づくりの仕掛けを可能としました。
テナント空間の窓際にも特徴的なベンチを配置し、本とモノと人との風景による施設全体の統一されたメッセージを伝えられる計画としています。
南北に開いた「門型」は、熱負荷の高い東西は閉じ、南からの卓越風を換気として利用することから生まれた形です。

多様な試みをオーバーラップさせることで、蔦屋書店と30の生活提案店舗が複合した、新たな商業空間が湘南の地に生まれました。
概要
名称
湘南T-SITE
所在地
神奈川県藤沢市
地図
主用途
店舗
竣工
2014年12月
延床面積
7,406 m²
構造
S造
階数
地上2階
備考
総合デザインディレクション/クラインダイサムアーキテクツ
写真撮影
(有)大久保写真事務所