下呂交流会館

下呂交流会館

広⼤な⾃然の中、檀状の敷地に建つ下呂交流館

下呂交流会館

明るく開放的な棚⽥テラス。周囲の地形と連続する空間

下呂交流会館

⼀体感を重視したホール

下呂交流会館

妻⾯から周囲の⼭々を望む

説明
日本三大名泉として知られる下呂温泉、この地に多様な「交流」を生み出し発信する施設として、市民ワークショップを中心とした議論をもとに計画された、多機能ホール(805席)と多目的アリーナ(3,000人規模のコンベンション利用が可能)が一体となった複合施設です。

「棚田テラス」と呼ぶ共用空間を市民の日常的な創作活動の場と位置付け、周囲のランドスケープと連続する特徴的な空間構成の中に実現した。段々状のフロア内には、交流の種を育てる「まめPod」と称する機能諸室を点在させています。
いつも賑わいが溢れ、市民や来街者の絶え間ない交流の場となることを目指しました。
概要
名称
下呂交流会館
建築主
下呂市
所在地
岐阜県下呂市森2270-3
地図
主用途
多機能ホール・アリーナ
竣工
2009年12月
延床面積
10,574 m²
構造
SRC造
(S造,RC造)
階数
地上4階
写真撮影
エスエス名古屋支店
受賞
2016年 第15回公共建築賞(優秀賞)
2011年 第43回中部建築賞(一般部門 入賞)