北ガスグループ本社ビル

北ガスグループ本社ビル

夕景。雪の中のガス灯のように、まちを優しく照らす。

北ガスグループ本社ビル

外観近景。低層部には地域に開かれた大きな開口を設け、高層部にかけて開口率を下げている。

北ガスグループ本社ビル

「エンガワ」。執務室の中央には業務に集中する執務ゾーンを、外装に面した西側には社員の創造・交流を誘発する「エンガワ」ゾーンを配置。

北ガスグループ本社ビル

「健康経営」を推進する社員食堂。
打ち合わせスペースとしても活用され、横断的なコミュニケーションの場を形成する。

北ガスグループ本社ビル

2層吹き抜けのエントランスホール。地域に開かれまちに賑わいを創出。

説明
北海道を代表するエネルギーカンパニーである北海道ガスグループの本社ビルです。
新幹線の延伸が計画され、周辺地域開発の進むエリアのリーディングプロジェクトであるとともに、供給防災機能の充実、札幌都心部におけるエネルギー拠点の整備や分散した業務機能集約による「安全安心の強化」、「低炭素化とエネルギーセキュリティ向上」と「企業活動の更なる効率化」を図るプロジェクトです。
低層部には地域に開かれた大きな開口を設け、高層部にかけて開口率を下げることで、雪国の風景と調和しつつ周辺開発を先導するシンボル性をもち、ガス灯のようにまちを照らす特徴的な外観としています。執務空間は社員の交流や知的創造を誘発するとともに働く環境を選択・調整できるようにしています。また地下に併設した大規模CGS発電所からの電気・排熱を最大限活用するだけでなく、札幌都心部や道内に連携供給するなど、“まち”、“ひと”、“エネルギー”を先導する「きたの灯かり」をコンセプトとしています。
概要
名称
北ガスグループ本社ビル
建築主
北海道ガス株式会社、芙蓉総合リース株式会社
所在地
北海道札幌市東区
主用途
事務所
竣工
2019年5月
延床面積
24,473.7㎡
構造
S造(一部柱CFT)、RC造、SRC造
階数
地上8階 地下1階 塔屋1階
備考
基本設計JV、実施設計:鹿島建設
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
新津写真