メニュー
  • 中文
  • EN
  1. HOME
  2. RECRUIT
  3. 先輩社員紹介
  4. 大島 未香子
先輩社員紹介
チームのみんなが少しづつ成長し、楽しむことができると
自然といい空間ができると信じています。

大島 未香子

MIKAKO OSHIMA
建築設計群
2015年入社 キャリア採用

日本設計に入社した理由は何ですか?

アメリカ・ニューヨークの組織設計事務所やフランス・パリのアトリエ事務所などでの実務経験を経て、日本に帰国後、「日本」を代表する設計集団で、今までの経験やバックグラウンドを生かしながら、新しいチャレンジを通して、自分自身も成長できると思い入社しました。最初は日本特有の用語など分からないことがたくさんありましたが、チームの皆さんに支えられました。

今はどのような仕事に携わっていますか?

複数のプロジェクトに携わっていますが、特徴的なのは、外資系クライアントの日本国内の案件です。世界基準の高度な要求に答えるべくフルBIM(建築・構造・設備)で、実施設計を行っています。その他、超高層複合施設のファサードや都心の大型計画のコンペのパブリックスペース部分のデザインを担当したりと多岐にわたります。担当していた低層の商業施設や庁舎が最近完成しました。

今までで印象に残っている仕事はどのようなものでしたか?

ひとつひとつの「出会い」が今につながっていて、どの仕事にも「思い」を込めて取り組んでいるので、一つの仕事を選ぶことは難しいです。
「出会い」に関しては、通常の設計業務に加え、海外からの講演やセミナーへの登壇の機会を頂くことがあり、日本設計や日本の建築のPRも兼ねて、頂いた依頼は、できる範囲で積極的に受けるようにしております。アメリカの某大学院のサマープログラムでも、結果的に毎年、東京と日本設計の発展の話をすることになったり、ひとつの「出会い」が次の「出会い」につながっています。特にアジアの学生や若手建築家の皆さんの熱意は、ものすごいので、いつも逆にエネルギーをいただいています。

仕事の中で大切にしていることはなんですか?

設計者として、「遊びごころ」をもって、常に楽しむこと!また、自分の考えがブレないことが大切だと思います。建築担当者は、プロジェクトの中心としてリーダー的な立場や、クライアントに対してのフロントラインに立つ機会が多いので、俯瞰的にBig pictureを眺めながら、計画がスムーズに進むように努めています。チームのみんなが少しづつ成長し、それぞれが楽しむことができると自然といい空間ができると信じています。

page top