大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)

大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)

あべのハルカスの高層部に位置し360度の眺望を誇る

大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)

ホテルデザインコンセプト「Japanese Shape&Spirit」
阿倍野ゆかりの文化を取り入れる

大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)

「天空に浮かぶロビー」
水の都大阪の河岸のイメージを重ねあわせている

大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)

西に位置する「Bar Plus」時間と共に移ろう光の演出

大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)

小個室「海」

説明
日本一の高さとなったあべのハルカス上層階に位置するホテル。
大阪・阿倍野の歴史と文化、そして都ホテルと近畿日本鉄道の歴史を背景とした和のモチーフをホテル全体を通じて取り入れながら、眺望を活かした高層の都市型ホテルとしてのインテリアデザインを試みました。

日本設計と観光企画設計社の2社による設計JVによりホテル内装の設計・監理を行っています。

※下記、面積はホテル対象床面積の数字です。
概要
名称
大阪マリオット都ホテル(あべのハルカス)
所在地
大阪市阿倍野区
地図
主用途
ホテル
竣工
2014年3月
延床面積
32,486 m²
構造
SRC造・S造
階数
地上60階、地下5階
内 ホテル対象階:B3階・1階・19階・20階・37~55階・57階
備考
ホテル内装・監理共同設計/観光企画設計社
写真撮影
竹中工務店 古川泰造
受賞
2015年 第56回 BCS賞