ニュース 2019年

think++ Seminar 開催のご案内

think++seminar

これからの社会や都市・建築の未来を思い描くとき、人間をとりまく自然環境や、開発著しいテクノロジーの基本的な知識を得る必要があります。
日本設計では、様々な分野でご活躍の方々をお迎えして、皆さまと一緒に未来を思い描くきっかけを得る機会となるよう、年に2回のセミナー think++ Seminarを開催しています。

第5回think++ human & technology
「大地変動の時代」の震災リスクと街づくり
‐南海トラフ巨大地震に備える‐

日本列島はいま9世紀以来の「大地変動の時代」にあります。
これから南海トラフ巨大地震、首都直下地震、富士山噴火が懸念されていますが、地下の動きと防災の知識があれば過度に恐れることはありません。
災害に強い街づくりと事業継続計画(BCP)への準備が必要です。
揺れる大地で賢く生き延びる知恵を、京大人気ナンバー1教授の「科学の伝道師」鎌田浩毅先生に出前講義していただきます。

講演タイトル:「大地変動の時代」の震災リスクと街づくり ‐南海トラフ巨大地震に備える‐
日 時:2019年5月22日(水)16:00開場 16:30開演  18:50終了
会 場:国立新美術館 3階講堂(東京都港区六本木7-22-2)

講演者:鎌田 浩毅
京都大学大学院人間・環境学研究科教授、理学博士(東京大学)
1955年生まれ。筑波大学付属駒場高校、東京大学理学部地学科を卒業。
通産省主任研究官を経て97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士(東京大学)。
専門は地球科学・火山学・科学コミュニケーション。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。
テレビや講演会で科学を明快に楽しく解説する「科学の伝道師」。日本地質学会論文賞受賞(1996 年)。
【著書】『地球とは何か』(サイエンス・アイ新書) 『地球の歴史』(中公新書、全3巻) 『地学ノススメ』(ブルーバックス)
『日本の地下で何が起きているのか』(岩波科学ライブラリー) 『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)他。

参加費:無料 定員250名
お申込:受付を終了しました
お問合せ:日本設計コーポレートサイトからのお問合せ  https://www.nihonsekkei.co.jp/contact/
日本設計 広報室:kouhou@nihonsekkei.co.jp
主 催:日本設計

イベントパンフレットはこちら

本セミナーは、下記CPD制度の共通認定プログラムです。
建築CPD情報提供制度、JIACPD制度、建築士会CPD制度、建築設備士関係団体CPD制度、APECアーキテクト、APECエンジニア、建築施工管理CPD制度