ニュース 2020年

新型コロナウイルスの感染拡大防止への対応について (その4)

日本設計では、4月7日(火)に日本政府より「緊急事態宣言」が発出されたことから、5月6日(水)まで、全社員の在宅勤務の徹底や、現場監理業務もできる限り対面による打合せを中止し在宅勤務へ移行させていただく、といった施策を実施して参りました。
さらに、5月4日(月)には「緊急事態宣言」を5月31日(日)まで延長することになりました。その方針に基づき弊社は、5月7日(木)より5月31日(日)まで、全社員在宅勤務の徹底を基本とする施策を継続させていただいております。

そのような中、5月14日(木)に日本政府より「宣言」の一部(39県)解除が示されました。しかしながら、本社・支社のある東京都を含む首都圏、関西圏、北海道が継続のため、弊社は5月31日(日)まで施策を継続させていただきます。なお、中部支社・九州支社のある愛知県、福岡県は解除となりましたが、慎重に状況を判断しながら、通常業務への復旧を段階的に進めます。ただし、本支社間の出張による移動は控えさせていただきます。

また、全国的な「宣言」解除後におきましても、当面の間、週3日の在宅勤務と時差通勤により社内在席率を抑制し、社内外のWeb会議対応は継続させていただきます。
今後は、社会の動静を見定めつつ通常業務への復旧を段階的に進めて参ります。

これらの施策により、クライアントの皆様ならびに関係の皆様には、多大なるご不便とご迷惑をおかけいたしますが、この状況をご勘案いただきまして、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

以上