赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIR

超高層を敷地の片側に寄せてレイアウトしたことにより5000㎡超の緑地を創出

赤坂インターシティAIR

緑に溢れ潤いのある憩いの場をまちに還元する

赤坂インターシティAIR

赤坂・虎ノ門緑道の起点となるグリーンアベニュー

赤坂インターシティAIR

方位によって出寸法の異なる縦フィンが様々な表情を見せる

赤坂インターシティAIR

緑を一望できる寛ぎの場

赤坂インターシティAIR

寛げる雰囲気のコンファレンス

説明
「誰もが住みやすく働きやすい、居心地のよい街づくり」をコンセプトにした、オフィス、住宅、コンファレンス、商業施設等からなる第一種市街地再開発事業です。緑地・緑道の在り方、周辺への配慮と連携、環境負荷低減、BCPをテーマにしています。
オフィスタワーを不整形な敷地形状に馴染ませ、六本木通り側に寄せることで、約5,000㎡の緑化空間を創出し、親しみやすい憩いの場として計画しました。赤坂・虎ノ門緑道の起点として緑のネットワークを形成するほか、アクティビティ、アメニティ、エネルギーの面でも周辺の開発街区と連携し、より大きなまちの豊かさを育んでいきます。
概要
名称
赤坂インターシティAIR
赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
建築主
赤坂一丁目地区市街地再開発組合
所在地
東京都港区赤坂1-8-1
地図
主用途
事務所、住宅、コンファレンス、商業
竣工
2017年8月
延床面積
178,328㎡
構造
S造、SRC造、RC造
制振構造
階数
地上38階 地下3階
写真撮影
川澄小林研二写真事務所