技術キーワード

環境性能評価手法

日本ではCASBEEに代表される建築物の評価手法で、省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するものです。その他、LEEDやBREEAMなどの評価手法が世界では用いられています。

また、近年日本では、建築物省エネ法の施行とともに、BEIやBPIなどの指標も注目されるようになっています。

日本設計では、様々な評価指標(CASBEE,LEED,BREEAM,GRESB,BELS,DBJ Green Building認証など)を用いた建物評価診断業務や、環境指標以外にも、各種補助金申請業務、トップレベル事業所診断、コミッショニング業務、各種環境政策・排出権取引等のコンサルタント業務など、単に評価手法を用いて建物を評価するだけでなく、幅広い業務を行っています。

CASBEEにおける<仮想閉空間の概念に基づく「Q 建築物の環境品質」と「L 建築物の環境負荷」の評価分野の区分>

casbee_hp

この記事に関連するサービス
環境デザイン・設備設計