技術キーワード

都市開発諸制度(民間活力を生かしたまちづくり)

官民一体になって、都市の国際競争力を高める

都市開発諸制度は、民間事業者の創意工夫を活用したまちづくりを推進するための、東京都が定めた規制緩和制度の総称です。
市街地環境の改善や公共空間の整備、都市の国際競争力強化などのまちづくりへの貢献に応じて、容積率の緩和や建物の形態制限の緩和等のインセンティブを与えるルールが定められています。

東京では、これらの制度を活用し、民間事業者の創意工夫を引き出しながら、都市の機能更新やエリアの魅力向上が官民一体になって進められています。
都市開発諸制度には、特定街区・高度利用地区・再開発等促進区を定める地区計画等、様々な制度が設けられており、日本設計ではそれらを活用した数多くの都市再生プロジェクトに関わってきています。

赤坂インターシティAIR イメージパース
%e8%b5%a4%e5%9d%82%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%86%e3%82%a3air_hp2

この記事に関連するサービス
都市計画・都市開発