技術キーワード

いきものとの共生

 生物多様性の保全と持続利用

私たちの暮らしは、多様な生きものが関わり合う生態系から得られる恵み(生態系サービス)によって支えられています。しかし経済活動の拡大とともに、貴重な生息地の消失や分断化、化学物質による環境破壊等が進んだため、生態系サービスの源となる自然の豊かさが低下しつつあります。
美しい地球と豊かな社会を次世代に引き継いでいくため、生物の多様性を保全し、持続的に利用していく仕組みをつくること・・・日本設計では、周辺の自然環境、地歴・文化史といった計画地の背景を読み解きながら、多様ないきものと共生できる豊かで潤いのあふれる街づくりを提案しています。

虎ノ門ヒルズ JHEP認証(AAA)取得(PHOTO/川澄小林研二写真事務所)
%e8%99%8e%e3%83%8e%e9%96%80%e3%83%92%e3%83%ab%e3%82%ba%e3%81%9b%e3%81%9b%e3%82%89%e3%81%8e_hp

主な生物多様性の保全例
・生態系ネットワークの構築
・都市部における多様なビオトープの保全・創出
・里山環境の保全と活用
・生き物の共生と関連のある環境認証制度の取得
(JHEP/ABINC/SEGES/CASBEE/LEED)
※ABINCは当社が運営に参加
abinc

某プロジェクト保全計画
%e4%bf%9d%e5%85%a8%e8%a8%88%e7%94%bb

この記事に関連するサービス
ランドスケープデザイン・土木設計