技術キーワード

ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル) / ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

 エネルギーの需要と供給がプラスマイナスゼロとなるエコ建築

室内及び室外の環境品質を低下させることなく、負荷抑制、自然エネルギー利用、設備システムの高効率化等により、大幅な省エネルギーを実現したうえで、再生可能エネルギーを導入し、その結果、運用時におけるエネルギー(あるいはそれに係数を乗じた指標)の需要と供給の年間積算収支(消費と生成、又は外部との収支)が概ねゼロもしくはプラス(供給量>需要量)となる建築物をZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)、もしくは ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ ハウス)と呼びます(なお、経済産業省のZEBロードマップ検討委員会では、Nearly ZEB、ZEB Readyも含めた広い概念の「ZEB」も定義しています。)。

日本設計では、雲南市役所新庁舎や栃木県庁舎、川越町庁舎など、エネルギー消費量が少ないZEBを目指した建物を設計しています。

%e5%9b%b34_zeb%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%bc%e3%83%ad%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%93%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%b5%e9%9a%8e%e7%9a%84%e8%a9%95

zeb_zeh-01

この記事に関連するサービス
環境デザイン・設備設計