技術キーワード

「3D活用」 パラメトリック設計

3D-BIM連携ツール「antsat」の開発

複雑な形状の初期検討では、BIMだけでなく、手軽な3Dツール「Rhinoceros」を活用しています。
ただし従来3DからBIMへのデータ変換後は、3Dの形状「情報」が失われ、BIM上でのデータの可変性が損なわれてしまうという課題を抱えていました。
そこで日本設計では、変換時のエラーを解決する3D-BIM連携ツール「antsat」を開発し、従来変換後に行っていたBIMでの再入力にかかる時間的ロスの大幅削減に成功しています。

3D-BIM連携ツールの開発『 +ant sat 』(協働/株式会社ディックス)
%ef%bc%93d-bim%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab13Dツールの形状「情報」を保存したまま、BIMに連携

%ef%bc%93d-bim%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab2

Rhinncerosとベースとするプログラミングソフト「Grasshopper」を用いて、3Dモデルに変数を設定することで、複数の設計案を迅速に検討できるパラメトリック設計を行っています。

コストミニマムを実現するパネル割を自動算出・最適化
%ef%bc%93d-bim%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab3

設計初期段階からの建築-構造検討を連携する
%ef%bc%93d-bim%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab4

この記事に関連するサービス
建築デザイン・構造設計