技術キーワード

シミュレーション

⽇本設計でのシミュレーションはBIMソフトとの「ダイレクト連携」によって、設計初期からの情報・モデルの⼀貫性が特徴です。
BIMデータをベースとして、解析条件をより実際の環境設定に近づけることで、より多くの情報を考慮した結果を反映することが出来ます。

【⾵シミュレーション】

⾵シミュレーション(CFD解析)では、RevitのモデルデータをダイレクトにCFD解析ソフトに連携させて計算を⾏なっています。
クラウド上で計算を⾏うため、PCへの負担なく迅速な解析が可能となり、「設計アイディアを考える初期の初期」という段階から、繰り返しシミュレーションを使うことが出来ます。

⾵環境シミュレーションによる、中庭とピロティ状通路の検証
%e2%be%b5%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%ba%ad%e3%81%a8%e3%83%94%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a3

【都市計画3D】

都市モデルやGISデータといったBIGデータについても、迅速に処理できるため、設計の最初期から都市に与える影響を把握することができます。このように、包括的な情報を扱うBIMならではのシミュレーションが可能となっています。

ビル⾵の影響による地表⾯の付近の⾵の流れ
%e3%83%93%e3%83%ab%e9%a2%a8%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%9c%b0%e8%a1%a8%e9%9d%a2%e3%81%ae%e4%bb%98%e8%bf%91%e3%81%ae%e9%a2%a8%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

ビルの外装にかかる面風圧のシミュレーション
%e3%83%93%e3%83%ab%e3%81%ae%e5%a4%96%e8%a3%85%e3%81%ab%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8b%e9%9d%a2%e9%a2%a8%e5%9c%a7%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

【照度シミュレーション】

照度シミュレーションについても同様に、BIMを中⼼とした開発があげられます。従来の机上⾯・床⾯照度といった定量的な指標に拠らず、より実際の⼈の⽬で⾒た明るさに近い、定性的なシミュレーションができないか?こうした建築主の要望に応えるため、BIMデータからダイレクトに連携させながら、実際の空間に対する感覚的な明るさを検証する「⼈の⽬シミュレーション」の開発にも注⼒しています。

照度シミュレーション(協働/パナソニック株式会社)
%e7%85%a7%e5%ba%a6%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

実際の照度
%e7%85%a7%e5%ba%a6%e5%ae%9f%e9%9a%9b