技術キーワード

Integrated BIM

「時間」を縮める工夫と可能性

⽇本設計では、建築設計、構造設計、設備設計が、同じBIMソフト「Revit」を使っていることが⼤きな特徴です。
そのため、建築構造設備の連携時にデータ変換が不要となり、迅速なデータ統合が可能となります。

設計に必要な3Dデータと情報とが、すべて⼀つのプラットフォームに統合されたBIMーこのようにBIMを活⽤した設計⼿法を私たちは「Integrated BIM」と呼び、全社的に実⾏することで、設計における時間を縮める⼯夫を実現しています。%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e8%a8%ad%e8%a8%88bim-%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc_hp

さらに、この「Revit」で作られたBIMモデルからは、ソフト間のデータ変換の⼿間なくダイレクトに連携できるため、変換の⼿間や時間を⼤幅に削減し、さまざまな検証を実⾏することが可能です。