技術キーワード

法改修(遡及・遵法化)

法改正に合わせた改修計画の立案・設計

増改築や大規模修繕工事、用途変更などを行う場合、現状の基準に合わせた安心安全を確保するため、建築基準法や消防法など関連法規の現行法に合わせた改修工事が必要となります。現状を確認の上、遵法化した適切な計画を立案します。

%e6%b3%95%e6%94%b9%e4%bf%ae

例えば、平成26年7月には容積率制限の合理化を目的として、全ての建物においてエレベーター昇降路部分の床面積が容積率に非算入となりました。これにより旧建築基準法では増築が不可能だった施設でも、増築を見込んだ改修計画ができるようになりました。

主な法改修の例
・耐震基準
・防火シャッター
・アスベスト関係
・エレベーター・エスカレーター
・防災設備
・容積緩和