先輩社員紹介

若手でも主体的にプロジェクトに参加できる雰囲気は
非常に働きがいのある環境だと思います。

鈴木 隆平

RYUHEI SUZUKI
建築設計群 2017年入社
鈴木 隆平 | 建築設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

一つ目は、都市スケールの仕事を数多く手がけているからです。建物内はもちろんのこと、建物や街区を越えてヒトの居場所をつくりだしているように感じました。ヒト・自然・建築、どれもが主役として際立っているという印象もありました。二つ目は、すでに入社している先輩社員から自由で創造的な空気を感じたからです。実際に入社して、その通り風通しの良い環境でしたが、 意見を言うのにびしっと背筋が伸びるような覚悟がいるので、よい緊張感を持って仕事に取り組めています。

職場の雰囲気を教えてください

二年目の私でも、わからないことや思ったことは積極的に発言できる雰囲気があります。普段は、スキルも経験も豊富な先輩方から学ぶことばかりです。しかし一方で、若手が個々に持つ建築の価値観をぶつけることや、コンピュータを用いたデザインスキルを利用することによって若手でもプロジェクトに大きく貢献できることもあります。常に受け身なのではなく、若手でも主体的にプロジェクトに参加できる雰囲気は非常に働きがいのある環境だと思います。

仕事のやりがいはどういうところにありますか?

一人の力では達成できないような大きな目標向かって、仲間と協力し、その目標を達成できるところにあると思います。若手もベテランも、プロフェッショナルとして自覚を持ち、お互いに信頼し合い、切磋琢磨できていると感じます。プロポーザルの提案書を描き終えた瞬間は何とも言えない達成感がありました。

今はどのような仕事に携わっていますか?

市庁舎のプロポーザルに携わっています。
プロポーザルでは、地域の特性を生かしつつ、市民のシンボルとなるような庁舎を目指して日々チームで案を出し合っています。まだまだ知識や経験に乏しく、先輩達に頼ってしまう部分もありますが、積極的に発言をして、新たな切り口での提案ができるように日々取り組んでいます。

所属部門以外の社員とのコミュニケーションは?

社内の野球部に所属していますが、仕事場にいるのと同じように、グラウンドでも学び合い、刺激しあう関係性を築けています。普段なかなか所属部門以外の社員と交流する機会がないので、野球部はそうした人とコミュニケーションを取れる非常に良い機会にもなっています。月一回程度の練習ですが、毎月グラウンドで汗を流すことで仕事のオン・オフの良い切り替えにもなっています。

仕事以外に力を入れていることはありますか?

意識的に日ごろから体を動かすようにしています。野球は会社以外にも別のチームに所属していますし、フットサルやゴルフ、ボルダリングなど他のスポーツにも積極的に挑戦しています。建築家は頭も体もフル回転で動かす、非常に体力が必要な職能です。仕事もプライベートも全力で楽しみ、全うできるようなパワフルな人間になりたいと思っています。