先輩社員紹介

尊敬する先輩ばかりで、自分の意見ははっきりと述べ、気になったことはとことん追求する姿勢が印象的です。

福井 遼

RYO FUKUI
環境・設備設計群 2018年入社
福井 遼 | 環境・設備設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

設計案件に大規模物件が多く、また建物単体だけでなく地域エネルギーシステムの設計実績を多数持っていることに魅力を感じました。東日本大震災以降、設備設計では、平常時の省エネだけでなく、非常時のエネルギー供給を達成することも重要な責務であると考えています。地域エネルギーシステムはエリア単位で実現できるため、社会にも大きく貢献できると思い志望しました。

学生と違うところはどんなところですか?

責任が伴うところです。特にシミュレーションは、結果が誤ったまま先に進んでしまうと、そのままその結果が正しいとして実現してしまう恐れがあり、竣工後のトラブルにもなり兼ねないと思います。結果を予め予測してからシミュレーションを行い、結果が合理的かどうかを常に確認しています。

今はどのような仕事に携わっていますか?

今は先輩の業務の補助が中心です。熱源や気流に関するシミュレーションや、お客様に提示する資料作成などを行っています。学生の時は、自分の研究分野だけを考えればよかったのですが、専門外のことを扱うことのほうが多いので、業務の補助を通して学ぶことばかりです。

社内に目標とする先輩はできましたか?

尊敬する先輩ばかりです。自分の意見ははっきりと述べ、気になったことはとことん追求する姿勢が印象的です。上下関係もフラットであり、気軽に先輩達に相談できる環境です。また建築を創り上げるときには、実現可能かどうかは最低限考えながらも、難しいことに挑戦している人が多いことを感じています。自由な発想のもと、さまざまな新しい建築が生まれていることを実感します。

将来はどのような設計者になりたいですか?

学生の頃に研究していた、新しい地域エネルギーシステムの形を提案していきたいです。現在広まっているシステムは、大幅な省エネ化が実現できると考えられているものの、大規模な開発がなければ導入が難しい問題があります。今後は、さらに省エネを実現できるように、普及拡大できるような地域エネルギーシステムを提案していきたいです。また省エネ性だけでなく、室空間の快適性やBCP対応、コストのことなど、様々なことを考えられるような設計者になりたいです。