先輩社員紹介

社員間の距離が近く、コミュニケーションが活発な印象です。

小池 健之

TAKEYUKI KOIKE
構造設計群 2018年入社
小池 健之 | 構造設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

かねてより設計を深く学びたいという思いと、都市や多くの人々が集う空間づくりに貢献したいという思いがありました。
都市開発・超高層建築をはじめとする、多くの分野で実績が豊富な会社であることから、日本設計独自の技術力やノウハウを習得でき、自分自身の成長にも繋がるのではないかという考えから入社を決めました。

学生と違うところはどんなところですか?

学生時代は、時間をかけて自由に研究を行うことができましたが、仕事では限られた時間の中でコスト・品質を満足するような高い成果を出さなければなりません。
さらに、自らが携わった仕事が会社の作品として世の中に発信される為、自分が出した結果に大きな責任が伴うという点は学生時代との違いだと思います。
また、学生時代に専門ではなかった用途や構造種別を扱う機会が多い為、日々多くのことを吸収しながら緊張感を持って仕事に取り組んでいます。

職場の雰囲気を教えてください

若手社員・ベテラン社員関係なく、フラットな職場です。
特に私が所属する構造設計群は比較的人数が少ない為、社員間の距離が近く、コミュニケーションが活発な印象です。
相談事があるときには親切に教えてくれる先輩ばかりで、人によって物事の捉え方や考え方が様々である為、自分にとって成長できる場であると感じています。

仕事以外に力を入れていることはありますか?

休日には、プライベートの時間を確保するよう心掛けています。学生時代の友人と会ったり、趣味のサッカー観戦に行ったりしています。サッカー観戦は、小旅行を兼ねて関東圏外に行くこともしばしばあり、その土地ならではの食事や風景、雰囲気を楽しんでいます。

将来はどのような設計者になりたいですか?

要求事項を的確に判断し、技術力・提案力のある設計者でありたいと考えています。
しかし、設計業務は一人で出来るものではない為、設計に関わるすべての人と思いを共有しあいながら、柔軟に対応できるような能力を培いたいと思っています。
そのためにも、若手のうちから常に多様な分野に興味を持って取り組み、幅広い知識と経験を積んでいければと考えています。