先輩社員紹介

発言権が平等にあり
意見を言いやすい社風であると感じています。

佐藤 広章

HIROAKI SATOH
建築設計群 2017 年入社
佐藤 広章 | 建築設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

日本設計がこれまで手がけてきた作品も判断基準の一つではありますが、アルバイトや就職活動中に肌で感じた会社の雰囲気や、社員の働き方に共感を得たことが、決め手であったと感じています。若手の社員とベテランの社員がフラットに働ける職場のあり方、また、建築設計以外の他分野の専門家や、クライアントなど多様な関係者と協働しながら仕事が出来る環境に魅力を感じ、入社いたしました。

学生と違うところはどんなところですか?

自分の取り組みが「実現」に繋がることだと思います。学生の頃は、仮定の課題に対して提案を行い、その発想力や新規性に評価が向けられましたが、実務ではそれに加えて妥当性や実現性、合理性も重要になります。また、チーム内での自分の発言や提案が出来上がる建築に多少なりとも影響することを考えると、責任感を感じるとともに学生の頃に感じることのなかったやりがいも感じます。

職場の雰囲気を教えてください

風通しの良い職場だと思います。
プロジェクトチームで話し合いをする際も、発言権が平等にあり若手の社員でも意見を言いやすい社風であると感じています。上司が「この会社は民主的だからね。」と言っていたのが印象的でした。また、社内に意匠・構造・設備など各分野の専門家が在籍していることは大きな強みだと考えます。他部門の社員からの新鮮な観点によって、新しいコンセプトが浮かぶこともありました。

仕事以外に力を入れていることはありますか?

休日にしっかりプライベートの時間を確保することは意識的に行っております。学生の頃の友人と会ったり、社内の人とフットサルの大会に出たりするなどリフレッシュを図っています。また、美術館を訪れたり建築見学に行ったりもしています。それはストレス解消のためだけではなく、そのような仕事以外の取り組みが、自分の日々の仕事に繋がると考えているためです。

将来はどのような設計者になりたいですか?

視野の広い設計者でありたいと思っています。何か特定の分野のスペシャリストになることも目標の一つではありますが、固定観念に囚われず柔軟なものの見方で設計に取り組める人間になれていればと思います。そのためにも、建築に限らず常にアンテナを張って様々な事象に興味を向けるよう、意識して日々を過ごしたいと考えています。