先輩社員紹介

何にでもチャレンジし、
様々な経験をしたいと考えています。

長谷川 京子

KYOKO HASEGAWA
都市計画群 2017 年入社
長谷川 京子 | 都市計画群

日本設計に入社した理由は何ですか?

小規模な建築の設計だけでは難しいまちの大きな課題に自分が主体となって取り組みたい、さらには大きな計画だけでは難しい実際のモノとしての具体的な提案まで自分が関わりたい、という2つの思いがありました。そこで、どちらも担うことができる組織設計事務所で、都市計画側の立場で仕事をしたいと考えました。なかでも、日本設計は建築設計と都市計画双方に力を入れている印象を受け、日本設計を志望しました。

入社1年目はどんな仕事をしましたか?

現在は、まちづくり方針策定の支援業務1つと、初動期の再開発事業支援業務2つ、計3つの業務に関わっています。
まちづくり方針策定の支援業務では、大きなまちづくり方針を定めるために、定量的な分析を多様な角度から行い、なおかつそれをわかりやすく表現するべく、様々な検討をしています。再開発事業支援業務では、先行事例の調査や建築ボリュームの検討等を行っています。

学生と違うところはどんなところですか?

人に伝えることが特に重要な点だと思います。学生の課題や研究では、自分よりも幅広い知識を持つ教員に対して説明する、という場面が多いように思います。しかし、入社してからは、都市・建築と全く所縁のない住民の方等、専門領域に詳しくない方にわかりやすく説明しなければならない場面がとても多いです。伝えたい内容は同じでも、相手によって資料の作り方や説明の仕方を工夫するのは、難しくもあり面白いと思います。

所属部門以外の社員とのコミュニケーションは?

当社には、いくつかのスポーツのクラブ・サークルがあるのですが、私はバスケットボールクラブの練習に参加しています。同期も、野球部やフットサルサークル等に参加している人が多いです。複数社合同の活動もあり、普段交流の少ない他部門の社員とはもちろん、社外の方とも交流できています。自分の会社を客観的に見る良い機会にもなっています。

10 年後の自分はどのようなイメージですか?

入社前は、早く実際に建築を建てる仕事をしたいと思っていましたが、入社後は、まちづくり方針をつくるような仕事の面白さも感じています。
何かの分野一つに特化して活躍するのも良いと思いますが、私は何にでもチャレンジしたい性格なので、様々な経験をしたいと考えています。
異なるタイプの仕事を複数抱えて、色々な人に日々助けてもらいながら、こなせていたらいいなと思います。