先輩社員紹介

先輩社員に支えられながら
前向きに仕事に取り組むことができています。

中村 圭吾

KEIGO NAKAMURA
都市計画群 2017 年入社
中村 圭吾 | 都市計画群

日本設計に入社した理由は何ですか?

「より良い都市・建築づくり」という1 つの目標に向かい、多様な専門を持つ技術者が一丸となって働く場。その一員となりたく組織設計事務所を志望していました。その中でも日本設計からは、都市と誠実に向き合い、将来像を見据え、新たな時代を創り出していくという強い気概を感じたためです。
また、先輩社員から話を聞く中で感じたフラットで風通しの良い社風に魅力を感じたことも大きな志望理由となりました。

学生と違うところはどんなところですか?

クライアントがいて、自分の発言や成果物が社会的な責任を持つことが学生時代とは全く異なる点だと思っています。学生時代は、自分のペースで自分が理想とするものを計画することがほとんどでした。しかし実務ではあまたの与条件を整理したうえで、クライアントや地域が求めているものを計画しなければなりません。また、その計画には社会的責任が伴います。今はまだ経験不足ですが、提案の精度と質を高めて先輩社員に追いつけるよう努力していこうと思います。

職場の雰囲気を教えてください

「みんなの会社」という創立時の意思が脈々と受け継がれたフラットで風通しの良い職場です。
具体的には、若手であっても技術者として対等となり、積極的に仕事を任せ、新たな意見を反映しようという気風が大切にされているように感じます。
業務で悩んでいると食事や飲みに誘いだしてもらうこともあり、丁寧で面倒見のよい先輩社員が多いことも魅力です。
個性を尊重しながらも、チームで頑張る。非常にバランスの良い職場だと思います。

今はどのような仕事に携わっていますか?

スケールの異なる3 つの都市計画業務に携わっています。具体的には、「自治体全体のグランドデザイン」、「主要ターミナル駅周辺の整備計画」、「地方都市の駅前開発計画」です。一概に都市計画といっても扱う範囲は非常に広く、地域ごとに抱える課題や求められることも異なるため、都市計画に一般解はないことを改めて実感しています。
学ぶべきことも多岐にわたり慌ただしい毎日ですが、先輩社員に支えられながら前向きに仕事に取り組むことができています。

仕事以外に力を入れていることはありますか?

大学2 年時に始めた地域デザイン活動です。活動開始から6 年目を迎え、沿道の景観づくりや店舗設計からはじまり、地域清掃やイベント運営によるコミュニティ形成など、活動は多岐にわたっています。結果として、ハード・ソフト両面から多様な経験を積むことができています。
日本設計でかかわる大きなスケールでの計画業務と、地元の方と顔を合わせて進めていく小さなスケールでのデザイン活動。両スケールを行き来することが、自分の技術者としての成長に重要であると考えています。