先輩社員紹介

自ら勉強し、知識やスキルを身につけて
周囲に追いつかなければという緊張感もあります。

立元 遥子

YOKO TATEMOTO
建築設計群 2 0 1 3 年入社
立元 遥子 | 建築設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

入社理由の1つ目に、都市スケールで影響力のある仕事に関わりたいと思ったこと。
2つ目に、フランクな社風のイメージがあり良さそうだと思ったこと。入社して、どちらも入社前の想像どおりの環境だと感じています。打合せでは若手・ベテラン関係なく発言する機会が多々あり、若手が作業の主力となって進める場面も多くあります。
その分自ら勉強し、知識やスキルを身につけて周囲に追いつかなければ、という緊張感もあります。

今はどのような仕事に携わっていますか?

実施設計の研修として、超高層オフィスビルの実施設計に携わりました。ビルにあるすべての階段の割付・寸法チェックを行い、そのうち1 つの詳細図を仕上げました。
入社当初は打合せに出席しても、何の話をしているのか分からない状態でした。実際に図面を描きながら分からない点をひとつひとつ解決することで、建築を構成する要素を理解できるようになってきたところです。
実施設計に詳しいベテランの先輩にすぐに質問できる環境にあったのは、日本設計ならではだと思います。

所属部門以外の社員とのコミュニケーションは?

入社してからの1 年半は、ローテーションで4 つの部門を回り、プロポーザルと、オフィスビルの実施設計に携わりました。それぞれのプロジェクトの先輩社員や他セクションの担当者とは、部門を異動した後もつながりがあります。仕事で分からないことがあった時にいつでも質問しやすい雰囲気があり、心強いです。飲みに行く機会もあります。