先輩社員紹介

都市計画と環境設備の両面に精通した
技術者になることが目標です。

内田 大貴

TAIKI UCHIDA
環境・設備設計群 2016年入社
内田 大貴 | 環境・設備設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

就職活動の時は建築のことだけでなく、都市スケールを対象に仕事ができるところを探していました。大学時代に研究していた都市環境というキーワードに対して、日本設計では都市計画、環境・設備設計の両面から取り組んでおり、幅広く仕事ができるのではないかと考えました。現在、環境・設備設計群に所属していますが、理想としては都市計画と環境設備の両面に精通した技術者になることが目標です。

入社1年目はどんな仕事をしていますか?

設備設計の基礎を先輩に教えてもらいながら、業務にあたっています。チューターの担当しているプロジェクトがちょうど引き渡し直前であったため、さまざまな図面のチェックや申請書類の準備等、契約に関連する部分に携わることができ、どんな図面があるのか、どういったものが必要なのかといったものを、実物を見ながら勉強できていると感じています。それと平行してシミュレーションによる検討も行っており、学生時代の経験を活かすことが出来ています。

社内に目標とする先輩はできましたか?

設備設計の知識が十分でないため、毎日が勉強であり、先輩が目標であるわけですが、社内でも推進しているBIMの開発を行っている先輩が今の一番の目標です。今後はBIM を有効に活用した設計業務が必要になると思われます。その中で今後私たちも使う日本設計のBIM を整備し、使いこなしているということは憧れのようなものを感じます。しかし、憧れるだけでなく私自身もその先輩に追いついて、BIM を使いこなせるようになりたいです。

学生と違うところはどんなところですか?

自分が出したシミュレーション結果に学生のとき以上に責任を持たなければいけない点だと思います。自分の示したシミュレーション結果の上に会社としての見解を示す責任が付加されますので、大きな責任となります。また、技術者として結果に対して曖昧な認識でいては説明も曖昧になり、クライアントに納得していただくことは出来ません。
同業種ではない方々にも理解してもらうためには見せ方の工夫であったり、説明のしかた、順番等気をつけなければならないことは数多くあります。まだまだ、未熟な点は多いので今後も精進していきたいと思います。