先輩社員紹介

社員一人一人が情熱と愛情をもって
自身の設計する建築に向き合っていると感じます。

丸谷 翔平

SHOHEI MARUTANI
構造設計群 2016年入社
丸谷 翔平 | 構造設計群

学生と違うところはどんなところですか?

「時間は有限である」ということを強く感じます。仕事には期限があります。学生時代のように一つ一つの検討に時間をじっくりかけることはなかなかできません。また、一日の中で仕事に向き合える時間も限られています。学生時代のように毎日徹夜でものを考えることはなかなかできません。常に、短い時間で高い成果を上げるための工夫が求められています。

職場の雰囲気を教えてください

構造設計群は少ない人数ということもあり、上位者から若手までの距離が近いと感じます。普段は、和気あいあいと仕事をしていますが、会議などでは、若い社員もベテランの社員と議論を戦わせる場面をよく目にします。社員一人一人が情熱と愛情をもって自身の設計する建築に向き合っていると感じます。

今はどのような仕事に携わっていますか?

海外の2階建て鉄筋コンクリート造の病院と、都内の7 階建て鉄骨造のオフィスビル、スパン30m ほどの大空間の設計に携わっています。構造設計群では、いくつかの物件を同時並行で設計していきます。様々な規模、構造種別の設計に携わることができることが構造設計群の特徴だと思います。大変ですが、構造設計の仕事としては、とてもおもしろいです。