先輩社員紹介

組織設計事務所の中でも新しいことに挑戦していける
フィールドがあると感じました。

守屋 真一

SHINICHI MORIYA
建築設計群 2016年入社
守屋 真一 | 建築設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

組織設計事務所の中でも新しいことに挑戦していけるフィールドがあると感じました。時代を創り出していくような新しい建築をつくるためにはルールから改革していくというスタンスに惹かれました。その源にあるのは、事務所内のフラットな環境にあるのだと、入社してみて実感することができました。やりたいことがあったらそれを発言できる、またそれを聞き入れてくれる関係性がこの空間にはあります。

学生と違うところはどんなところですか?

実際に社会の中、多くの人と資本が動く中でデザインをしている点が一番の違いだと思います。それは難しくもあり、面白みであると思います。学生の時とは比較できないほどの与条件に囲まれながら設計活動を行うことを実感しています。そのことも相まって、普段の生活の中でも常にアンテナを張るようになり、新たな発見を日々しています。一見、思い通りにいかないことも多いかもしれませんが、それは学生とは違うフェーズで活動をしているのだと成長を感じています。

仕事以外に力を入れていることはありますか?

大学院時代に仲間と立ち上げた空き家改修プロジェクトを今も継続的に続けています。平日は日本設計という大きなスケールの建築設計に携わり、休日では空き家やローカルといった小さなスケールでの活動を横断的に行うことで、相互の活動を相対的にとらえることができるようになったと思っています。学生の頃の経験が今につながり、相乗効果として日常の活動にもフィードバックできていることは、自分の励みにもなっています。