先輩社員紹介

ついていく行くのに必死ですが、
学ぶことの多い充実した日々を過ごしております。

中島 健太郎

KENTARO NAKAJIMA
都市計画群 2016年入社
中島 健太郎 | 都市計画群

日本設計に入社した理由は何ですか?

都市開発の最前線で働けることに魅力を感じました。都市計画の仕事では、敷地単体のみではなく、まちの将来のことを考え、ある種俯瞰的な視点で仕事を進めていくことが求められます。しかも、非常に多くの関係者が関わるため、緻密な調整によりプロジェクトを進めていくことが必要です。国内外の多くのプロジェクトを手掛ける日本設計で、こうした都市計画に必要な技術を培い、都市づくりに貢献していきたいと考えています。

入社1年目はどんな仕事をしていますか?

主に再開発の初動期の業務に携わっています。初動期では、何よりもまちづくりを進める関係者で方向性を共有することが大切となります。私は主に資料作成を担当していますが、常に伝えたい意図を考えて資料作成することを心がけています。また、様々な協議の場にも出席し、現場で多くのことを学んでいます。実務を行う上で勉強が必要なことが多く、ついて行くのに必死ですが、学ぶことの多い充実した日々を過ごしています。

職場の雰囲気を教えてください

若手社員も多くなじみやすい雰囲気です。外部打合せも多く、非常に忙しい職場ではありますが、先輩社員はメリハリをつけて仕事に打ち込んでいるように感じます。また、都市計画基礎講座が定期的に開催されるため、都市計画群の仕事について理解を深めていくことができ、とてもありがたく感じています。都市計画の仕事では、議論により計画を深めていくフェーズも大切だと考えているため、先輩と積極的に議論ができればと感じています。