先輩社員紹介

仕事を通して社会に広く貢献できる機会があるところに
魅力を感じました。

武居 秀樹

HIDEKI TAKEI
構造設計群 2 0 1 2 年入社
武居 秀樹 | 構造設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

超高層建築物の実績が多いため、構造的な技術力の蓄積が豊富であると思いました。そうした組織の中で自身が設計を行うことで技術力を高められると考えました。また、建築物単体のみの設計だけではなく都市計画にも関わっている設計事務所であるため、設計する建築物を含めた地域全体に関わることができると思いました。そのため、構造設計という仕事を通して社会に広く貢献できる機会があるところに魅力を感じたので入社しました。

学生と違うところはどんなところですか?

コストや期日などの与条件があり、それらの条件を加味した上での提案力が必要となります。
また、自身は解析系の研究室であったため、学生時代は解析結果のみを検証していましたが、実務では解析を行っている条件と実情との対応をイメージし、与えている条件にも振れ幅があることを考慮する必要があります。そして、設計を行ったものがその解析で想定した通りの挙動が可能となるディテールであるかを適切に考えなければなりません。

10年後の自分はどのようなイメージですか?

組織の中心となる年代として、設計者としての知識や技術の習得はもちろんのこと、マネジメント能力とコミュニケーション能力を備えた設計者となりたいです。設計業務は多くの人々と関わる仕事であるため、自身の作業が周囲の人に与える影響も大きい。同じ仕事に関わる人々がより効率よく仕事を行え、その結果より良い建築が生み出せるようにマネジメントを行えるようになりたいです。また、そのためには相手の要求事項を適切に引き出すコミュニケーション能力が必要だと思います。