先輩社員紹介

周りが理解してくれるおかげで気持ちよく働けています。

羽田 聡子

SATOKO HANEDA
環境・設備設計群 2 0 0 8 年入社
羽田 聡子 | 環境・設備設計群

職場の雰囲気を教えてください

自由でフラットな雰囲気だと思います。社長も含めお互い「○○さん」で呼んでいることが大きいと思います。役職、性別、年齢等による違いを気にする事はあまりありません。人それぞれ多種多様で当たり前という基本的意識があり、思った事は素直にぶつけつつ、お互いの立場や性格に応じて調整しながら仕事を進めている人が多い印象があります。
私は育児で時短勤務になったので迷惑をかけることもありますが、周りが理解してくれるおかげで気持ちよく働けています。

仕事のやりがいはどういうところにありますか?

竣工した時やその後うまく運用されている所を確認した時に達成感や安堵感を感じます。クライアントをはじめ関係他社や社内チームメンバーなど同じプロジェクトに携わる方々と協力して作業していく過程が楽しいですし、その中に私がいて良かったと思ってもらえるのが一番嬉しいと思います。

社内に目標とする先輩はいますか?

たくさんいます。技術系の先輩は皆さん経験も知識も豊富ですし、少し上の代でも同期でも違った経験を積んでいるので様々なジャンルで目標とする人がいます。設計思想も色々あるので、一人を目標にするというよりはたくさんの人の良いとこ取りをする方がプラスになると思います。
なかでも、設計もマネジメントも同時進行しながら後輩にも目を配っていただけるキャパシティの大きい方を特に尊敬しています。

仕事をする上で苦労をしたことはどんなことですか?
それをどのように乗り越えましたか?

入社当初~3年目くらいまでは知識が足りず、全てにおいて時間がかかる事に苦労していた記憶があります。その後は、場数を踏んで様々なプロジェクトを通して、企画段階から運用後のフォローまでひと通り経験する中で、調整ごとや交渉ごとをまとめる事の難しさを知りました。
設計者は、クライアントや関連他社・行政等との調整が多いため、多数の関係者に伝わりやすい説明および資料作りのスキルを高める事と社内のチームワークを良くする事で、乗り越えてきたと思います。チーム内の先輩には部門に関係なくかなり助けてもらいました。

今後はどのような活動をしていきたいですか?

通常の設計業務の他、新技術の開発なども、大変ですがなるべく参加したいと思っています。
昨年、建築担当・インテリア担当・メーカーさんとの共同開発により2年がかりで設計した『除湿型天井放射冷暖房システム』がグッドデザイン賞を受賞しました。設備設計の中でグッドデザイン賞を受賞するのは稀で、完成まで長かったですが貴重な経験ができたと思います。
最近は育児短時間勤務中のため家庭との両立に取り組んでいますが、少しずつ軌道に乗せて楽しく設計できればいいなと思います。